事業者様へのメッセージ

コロナ禍という未曾有の事態のなか、必死で地域経済、そして我々の生活基盤を支えてくださる事業者の皆様に、心より感謝申し上げます。

当事務所は、
「経営者様がたったひとりで背負っている重い責任、これによる不安と負担を和らげ、経営者様に安らぎを提供する」
「会社と経営者様をお守りすることを通じて、経営者様が大切に想い、そして経営者様を大切に想うすべての皆様に安らぎを提供する」
この2つを理念として、少しでも事業者様のお役に立てるよう業務に取り組んでおります。
弁護士としての視点=法律を防具とした「守り」の視点だけでなく、中小企業診断士としての視点=公的支援メニューなどを武器として、利益を生み出す「攻め」の視点から、攻守バランスのよい事業活動をご支援いたします。
また、事案に応じ、各方面の専門家とも連携して事業者様支援チームを組み、チーム一丸となってご支援いたします。

トラブルの解決方法には様々なものがあります。
「こんな扱いを受けて悔しい、納得できない」といった、事業における不条理な出来事に対しては、徹底的に闘います。
一方で、当事務所弁護士は弁護士会示談あっせん委員の経験もあり、当事者のお気持ちを大事にし、種々のトラブルを「事を荒立てずに」「円満に解決」する活動にも取り組んでいます。
どのような解決をご希望か、是非お聞かせください。事業者様にとって・そして事業者様を大切に想う皆様にとってどのような解決策がふさわしいのか、ご一緒に考えてまいりましょう。

以下は、当事務所弁護士が事業者様からご相談いただき、解決してきた事案の一例です。

  • 取引先から代金を支払ってもらえない。約束(契約)とハナシがちがう…
  • 取引先から無茶な要求を押し付けられている。下請けいじめを受けている
  • トラブルにならないよう契約書をしっかり作っておきたい
  • 新規ビジネスを展開するにあたり、法令違反等がないか、事前に確認したい
  • 従業員から残業代の請求を受けたが、納得いかない点がある…
  • 当社の商品名を他社にマネされた。他社から「商標侵害」との警告を受けた
  • そろそろ引退を考えており、子どもに事業を継がせたい。適切な方に会社を譲りたい
  • 融資を受けたいが、金融機関に納得してもらえる事業計画を作りたい
  • 設備を導入したいが、利用できる公的支援メニューはないか
  • 当社で新たに開発した製品・技術をテストしたい
  • 資金繰りが厳しい。なにか手はないか
  • 会社を閉じざるを得ないが、なんとか家族を守りたい。自宅を残したい

これらに限らず、事業者様の数だけある様々な悩みに対し、全力で解決策を模索いたします。
事業を通じて社会に貢献される皆様のお手伝いをさせていただけますことを楽しみにしております。

法律事務所イマイズミ
弁護士・中小企業診断士 今泉真昭

PAGE TOP